« 不動産の調査報告業務 | トップページ | 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 »

2012年10月15日 (月)

不動産の鑑定評価業務

不動産鑑定士は不動産(土地・建物)がどのようなものであるのかを調査(鑑定)し、その値段(価格)を判定(評価)します。これを不動産の鑑定評価といいます。
この不動産の鑑定評価は「不動産鑑定評価基準」というものに則って精密に行い、不動産鑑定評価書を発行します。
不動産鑑定士に不動産の価格を判定してもらって、これを相続税の節税対策に使うために税務署に提出したい。
そんなときには不動産鑑定評価書をご活用ください。
不動産鑑定評価書には「不動産鑑定評価基準」にしたがって鑑定評価手法が適用され、不動産の価格の根拠がきちんと説明されています。
(「不動産鑑定評価基準」に規定された「鑑定評価の手法」については別にカテゴリーを設けて説明していますので、そちらをご覧ください。)

そのほかに次のような場合にも不動産鑑定評価書のご活用をおすすめします。
①相続人の中に不動産の価格について正式な書面で説明しないと納得しない人がいるとき
②相続人の間で遺産分割協議が整わずに裁判になって、不動産の価格の証拠資料として裁判所に提出したいとき

なお、仲の良いご遺族が遺産分割の協議を行うときに不動産の参考価格が欲しい…そんなときには費用が安価な不動産調査報告書のご活用をおすすめします。→下記「不動産の調査報告業務」をご覧ください。

« 不動産の調査報告業務 | トップページ | 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 »

2.相続・遺産分割支援業務」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590260/55897084

この記事へのトラックバック一覧です: 不動産の鑑定評価業務:

« 不動産の調査報告業務 | トップページ | 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 »