« 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 | トップページ | 建設動向は地価の先行指標 »

2012年10月18日 (木)

相続財産(不動産)の一部を現金で清算した事例

元会社員の男性がご病気で亡くなりました。残された財産は現役時代に住宅ローンで購入したマイホームだけでした。この男性の家族は奥様と長男、そして次男の3人で、この3人が遺産相続人となりました。
民法によれば、法定相続分は奥様が1/2、長男が1/4、次男も1/4です。
しかし、次男は自営で飲食店を営んでいるのですが、近年の景気の悪化でお店の経営状態が思わしくなくて、どうしても現金が欲しいというご希望でした。
そこで、マイホームを1,400万円と鑑定評価して、次男の相続分350万円を奥様が次男に現金で渡すことにしました。

これは「代償分割」という遺産分割の方法です。鑑定評価を利用することによって、その不動産を売却することなく、長男と長女が公平に遺産を取得することができた事例です。

その結果、自宅の相続分は奥様が3/4、長男が1/4となり、司法書士に依頼して相続登記を行いました。

« 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 | トップページ | 建設動向は地価の先行指標 »

5.遺産分割の事例」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590260/55914379

この記事へのトラックバック一覧です: 相続財産(不動産)の一部を現金で清算した事例:

« 相続財産(不動産)の一部を売却して清算した事例 | トップページ | 建設動向は地価の先行指標 »