« 建物の傾斜と健康被害 | トップページ | 他の専門家とのネットワーク »

2016年11月17日 (木)

相続財産の土地を公平に2分割した事例

2人姉妹のお母様が亡くなられ、あとには自宅が残されましたが、建物はすでに老朽化して価値はありません。
この自宅を売却して現金に換え、姉妹で平等に分けることも検討されましたが、生まれ育ったその土地の売却に妹が反対をしていました。
そこで、建物を取り壊して自宅の土地を鑑定評価し、同じ価値になるように土地を切り分けました。

姉妹の共有で1/2ずつ相続をして、共有物分割を行った事例です。

この土地は羊羹(ようかん)のように半分に切ることができない土地でしたので、鑑定評価をして同じ価値になるように1つの土地を2つに切り、土地家屋調査士に依頼して測量と分筆の登記をしました。

« 建物の傾斜と健康被害 | トップページ | 他の専門家とのネットワーク »

5.遺産分割の事例」カテゴリの記事